2021健康ウォーク中止のお知らせ(9/13)

 10月3(日)に開催を計画していました『古代出雲王陵の丘健康ウオーク』は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、参加される約500人の皆様及びスタッフの健康や安全面などを最優先に考え、中止させていただきます。

 開催を楽しみにされていた皆様にお詫び申し上げますとともに、ご理解をいただきますようお願いいたします。

 コロナ禍が一日も早く終息し、来年こそ開催できることを願っています。これからもご支援ご協力をお願い申し上げます。

王陵の丘つつじ祭り中止のお知らせ(4/8更新)

5月2日(日)に予定していました「第10回古代出雲王陵の丘つつじ祭り」は、新型コロナウイルス感染症が拡大しており、昨年に続き、中止いたします。

王陵の丘 桜満開!!(3/29更新)

 このところの暖かな日に誘われるかのように、古代出雲王陵の丘での、300本余りの桜も満開です。今週いっぱいは天気予報もマーク。しばらくは満開の桜と花吹雪が楽しめそうですよ。 

  29日(月)は、西寄りの強風で中海も白波が立ち、加えて島根半島もかすんで見えないくらいの黄砂に見舞われました。強風にあおられ、薄いピンク色に染まった花びらたちが、どこかあはれに感じました。 

頂上近くに新設された花壇は、ピンクと白色のシバザクラが見ごろを迎えています。

 

王陵の丘開花宣言! (3/21更新)

 このところの暖かさに誘われ、古代出雲王陵の丘の標準木である頂上の吹き流し西側にあるソメイヨシノが18日、例年より1週間から10日も早く開花しました。

 今年は渡り鳥による花芽の食害もなく、300本余りの桜は見事な花が期待されており、満開は25日ごろになりそうです。

 駐車場からの正面登山道には夜間照明9基も取り付けられ、夜9時まで夜桜を楽しんでいただけます。

 さらに頂上手前の斜面に植えられた芝桜もピンク色の花を咲かせ始め、コブシもまもなく咲くことでしょう。

 コロナ禍で気持ちがふさぎ込みがちな毎日ですが、たまには王陵の丘へお花見に出かけませんか。

安来三中生徒による清掃ボランティア実施(10/23更新)

 安来三中生徒有志がこのほど、荒島駅駅舎と荒島交流センターで清掃奉仕活動に汗を流しました。

 例年、生徒の皆さんは荒島地区での様々なイベントでボランティア活動をしてくれています。しかし、今年はコロナ感染拡大防止により大半のイベントが中止となったことで活動する場がありませんでした。希少な機会となりましたが、自発的に参加してくれました。

 このうち、荒島地区活性化推進協議会が安来市から指定管理業務を受託しているJR荒島駅駅舎・自転車駐輪場の清掃には、3年生男女生徒さん14人が参加。

 開始式には、安来駅から清水久年駅長さんも駆けつけ、お礼を述べました。

 男子は雑巾やワイパーを使い駅舎内外の窓ガラス拭きを、女子は駐輪場の掃き掃除と1時間がかりで活動。増田望海君は「休日に遊びに行くのに列車に乗るので、感謝の気持ちを込めて掃除した」と話していました。

 明治41年(1908年)11月8日に開業以来、今年112年を迎える荒島駅。これからも通勤通学観光の拠点、住民の居場所として、皆さんに愛され親しまれる荒島駅に!!

 

荒島小3年生ナシの収穫体験(9/25更新)

 9月23日(水)に荒島小学校3年生21人が校区の久白町で特産20世紀ナシの収穫体験を行いました。

 「一日も早くコロナのない世界が来ますように~」との願いを込め『コロ梨』と名付けた梨も栽培する板持浩二さん方の梨畑に出かけ、板持さんから「出雲弁で言うと『たんぺ』(お尻)を持って、上に持ち上げるように」とアドバイスを受けたのち、樹齢30年ほどの木からたわわに実った20世紀ナシをひとり5個ずつもぎ取っていきました。

 この体験学習は、荒島地区活性化推進協議会の小学校地域学習支援の一環として長年続いており、今年児童たちは花粉付け(4月)、小袋かけ(5月)大袋かけ(6月)に続き4回この梨畑に出かけ、梨の栽培を体験、学習のまとめを書くことにしています。

板持浩二さん(左)の指導で20世紀梨の収穫を体験する荒島小3年生

古代出雲王陵の丘内道路「通行止め」について(9/14更新)

 

古代出雲王陵の丘では、先日の台風による大雨のため、南側(ふるさと農道側)から登る作業用管理道路の一部斜面が崩落しました。

今後も大雨や台風などにより、崩落の恐れがあります。

 来園される皆さんの事故防止の面から、当分の間、車両・歩行者とも通行止めとさせていただきます。ご了承ください。

 なお、管理用道路を通行されたい場合には、下記の連絡先へご一報ください。作業などのため管理用道路を通行する関係者は、十分に注意し、車止めポールの上げ下げを確実に行ってください。

連 絡 先

荒島地区活性化推進協議会 古墳公園部長 TEL 080-1638-3241

安来市教育委員会教育部  文化財課   TEL 0854-23-3240

【開催中止のお知らせ】令和2年『古代出雲王陵の丘健康ウオーク 』(8/16更新)

  毎年10月に開催しています『古代出雲王陵の丘健康ウォーク』は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、荒島地区のみならず県東部や鳥取県西部などから参加される約500人の皆様及びスタッフの健康や安全面などを最優先に考え、今年の開催を中止することに決めました。
 開催を楽しみにされていた皆様にお詫び申し上げますとともに、ご理解をいただきますようお願いいたします。
 来年以降も引き続き開催したく、これからもご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。

王陵の桜 三分咲き!(3/29更新)

 このところの暖かい日差しに恵まれ、古代出雲王陵の丘の桜も29日(日)には三分咲きになりました。

 約300本を数える染井吉野や山桜の中には、早や五分咲きの木もあり、「王陵の丘全山が満開を迎えるのは、4月3日(金)~5日(日)ごろでしょう。」(本田正廣古墳公園部長)
と話しています。また、頂上広場脇には芝桜がピンクと白のきれいな花を咲かせており、桜と美の競演が楽しめます。

 

 

荒島駅が全国放送されます!!(3/3更新)

荒島駅「ふれあい館」が、NHK-BSプレミアム「ニッポンぶらり鉄道旅」で放送されます。

日時は、3月5日(木)午後7時30分から8時(再放送は7日(土)朝7時45分~8時15分)。

タイトルは「島根の百年モノを探して JR山陰本線」

NHKホームページの番組紹介によれば、安来市では安来節と足立美術館が登場します。ナレーターはTARAKOさん、リポーターは寺田ちひろさん。

 明治41年(1908年)開業の荒島駅は、今年、開業112年を迎えます。「荒島駅ふれあい館」には、荒島地区の皆さんから寄贈された読み終えた愛読書が大きな本棚に並び、ピンクと薄いブルーの円形テーブルは高圧電線ケーブルの廃材枠を活用して手づくりした、いわば町民手づくりの小さな待合室。

 JR山陰本線の列車や市内循環のイエローバス利用者の皆さんに、短い時間でもゆったりとしたひとときを過ごしていただこうと、おもてなしの気持ちを込めた「ふれあいの居場所スペース」です。

 取材は積雪で山陰本線が約5時間にわたってストップし、通勤通学客を乗せた下り列車がホームに立ち往生した、あの日でした。荒島駅の出演はどうやらわずかな時間のようですが、小さな駅の、小さな取り組みが全国に紹介されることをうれしく思います。どうぞご覧くださいませ。